ひと仕事終わった後のうつ状態

ひと仕事終わった後のうつ状態

昨年11月横浜の学会で東洋英和女学院大学の篠原道夫先生にお世話になり自主シンポジュウムで自分の考えを発表し、岸良範先生、金城孝次先生、弘中正美先生コメントを頂いた。テーマは面接構造の再検討ということであったが、面接の内的構造を話しているうちに結論として、対話的心理療法について述べた。それは自分が長年かかって到達した私の独自の心理療法の方法であった。それはフロイトともユングともロジャーズとも違う私の独自のものである。このやり方はユニークなものであると思っている。

対話的心理療法というのは心の奥深くの真実のところで対話するもので、これは訓練無しではやってはいけないものではないかと思っている。
日常生活では常識が大事である。師匠の河合隼雄先生は「嘘は常備薬、真実は劇薬」と言った。相手の話を「そうね、そうね」と相手に合わせて聴いてあげる、それが共感と受容である。これは時として嘘の対話である。「だけど、本当はこうじゃないの」と本当のことをいうとぎくりとなってしまう。まさに嘘は常備薬、真実は劇薬」だ。

「あなたはお母さんのことは乗り越えたと言うけれど、あなたのお母さんのおかしさについての説明が聴いている私にはしっくりきません、もっとわかるように説明してください」というと途端に彼女は困ってしまった。彼女が乗り越えたとしていたのは、考えないようにしていたに過ぎないのだった。他人にもわかるようにしっかり説明して笑えるくらいに客観化してはじめて乗り越えたことになる。

こういう真実の対話をしていく心理療法のやり方に私は到達し、人生の一つの目標を達成したと思ったら私はうつになった。この後に自分が命がけで取り組むべき課題が無くなってしまった。目の前は空白となった。そしてうつになった。日頃の忙しさにかまけてうつは背後に潜んでいた。春の陽射しが感じられるようになって心にも春が来たように感じてこの文章を書いている。

カテゴリー: 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | ひと仕事終わった後のうつ状態 はコメントを受け付けていません。

Warningについて

このところこのブログにWarningが4つほど出ていてみなさんにご心配をおかけしました

その原因は私の箱庭の写真を挿入しようとしたところで問題が生じました。最近のカメラはメモリーが大きくてブログへの貼り付けが出来ないために警告が表示されたのでした。古い写真はOKだったです。

これからも写真は出したいので、やり方を勉強します

 

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | Warningについて はコメントを受け付けていません。

シンクロニシティは人を元気にする

明けましておめでとうございます

2017の心理臨床学会の自主シンポを終わって2018は何をしようかと考えたとき虐待の問題だと思った。虐待は現代の深刻な問題であるが、心理臨床学会では未だ正面から取り上げられていない。それで自主シンポジュウムにエントリーすることにした。もし、運悪く取り上げられないときは事例報告でエントリーしたいと思っている。
昨年気になっていた井上ひさし氏の元妻西舘好子著『修羅の棲む家』を読み、井上ひさし著『モッキンポット師の後始末』が中々最後まで読み進められないその背景がわかって来た。そこには徹底的と言って良いほどの裏切りがあった。そして夏目漱石を読み返すにあたって鏡子夫人の語り『漱石の思い出』を読んで、漱石もまた虐待する人だったことに気づいて、正面から取り組むべきだと思った。
これらのことを考えていると自分の担当する事例の中に親からの虐待のことが主題になって来た人があって、虐待した親と会うことにもなった。自分ところだけでなく他のカウンセラーの事例にも、そして、市販の本などにも次々に虐待が見えてきた。まさに虐待のシンクロニシティである。こんなシンクロニシティが起こると人生面白くて仕方がない。本年はこれで行こうという気になった。
河合先生はこのようなシンクロニシティを多く経験していたに違いない。だからいつもいつも元気だったのた。しかし、このシンクロニシティの面白さに引きずられて行くと日常の周囲への気配りも大変だし身体も酷使してしまうに違いない。河合先生は倒れられる前すごく顔色が悪かったと聞いたが、シンクロニシティを起こしている衝動の内的な牽引が心も身体も疲弊させてしまった見ることが出来るかもしれないと思った。
自分は知的能力も体力もないからゆっくり行こうと思う。
本年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | シンクロニシティは人を元気にする はコメントを受け付けていません。

私の箱庭②

今年は柿が鈴なりに実をつけ、その分甘みが少なくて人に差し上げるのにも気が引けた。私の考えも頭のなかでは沢山湧いてきたものの、読者の方々にそれを配ることができなかった。申し訳ないと思う。

そこでここに私の箱庭の紹介の続きをします

2013の箱庭です。湖の向こうにいるのはネズミです。私はネズミ歳なので、ふわふわのネズミを置きました。カバがそれを見ています。他の動物たちは倒れて元気がありません。

私には本当の元気さが無いのかもしれません。五十代の半ばから働けば働くほど元気が出てきましたが、それは果たして自分のためだったのだろうかと思います。動物たちは自分のために生きています。自分のために生きる力が不足しているのかも知れません。

動物たちは森の中に生きています。森は動物たちにとって社会です。私は社会的に生きていないのかもしれません。

人が出てきません。私は未だ社会に出ていないのかもしれません。動物レベルの一段低いところにいます。ロールシャッハ・テストで言えばFMのレベルでMになっていないのでしょう。Mは人間的想像の世界で、FMは動物的衝動の世界です。私は衝動の世界で生きているのでしょう。

私は自分の箱庭についてこのように考えますが、これは箱庭の理に聡い、賢さを示してます。賢さとは客観的に見ていることで、動物レベルでありながら、離れて賢く見ているのです。群れになって活発に動く人、面白く楽しくワイワイと乗っていく生き方が全くできないのでしょう。そのように生きられない自分を表現した箱庭を作りましたが、写真のサイズが大きすぎてここに取り込むことができません。残念です。

 

 

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 私の箱庭② はコメントを受け付けていません。

私の箱庭

9月23,24日ソウルで開かれた韓国発達支援学会に参加し、この学会の他の会員同様に自分の箱庭シリーズを発表しました。昨年は事例も発表して、韓国発達支援学会の箱庭療法士の資格要件を満たしたので、この学会の箱庭療法士の認定書を頂きました。これから日本でも箱庭療法士を育てていきたいと思うので、みなさんに是非とも自分で箱庭を何回も作ってもらい、それを仲間内で公開して相互理解を深め、その課題遂行によって人々に箱庭療法を勧めていく力を養って頂きたいと思います。

そこで手始めに私の箱庭の一つをここに示します。
クライアントの箱庭を学会で発表する人はいますが、自分の箱庭を公にする人はめったにいません。今までに自分の箱庭を公に発表した人は三木アヤさん(『自己への道』)、滝口俊子さん(『夢との対話』)、最相葉月さん(『セラピスト』)、男性では弘中正美さん(『遊戯療法と箱庭療法をめぐって』)くらいです。この他にもあるかもしれません。四人のうち三人は女性です。女性は男性より開放的です。
昔々ソウルで箱庭を作る会が行われ、午前中八人位の人が箱庭を作り、その作品を一つ一つ、この方はこういう人で心理的にこのようなところが表現されていると皆の前で解説しました。それは録画されたので今でも何処かに残っているかもしれません。見ている人は私の解釈を興味津々で聴いていました。午後になると我先に箱庭を作りが始まったので、私の箱庭解説が興味深い占いのように関心を持たれたことがわかり、びっくりしました。女の人は人前で自分を解放することが男性よりも容易にできます。
先にあげた方々の箱庭には現在当面している課題が、私から見ると、出ているのですが、ご本人はその点について明らかにされていません。私はソウルで自分の箱庭を提示したとき自分が当面している課題について主に話をしました。流石に色々な想いが出てきて話は思うようにまとまりませんでした。私の本当の問題が出てきて混乱したのだと思います。
それは外的なものと内的なものと二つありました。そういう現在、あるいはずっと以前からある人生の課題が箱庭には出てくるので、自分の箱庭を見せるのは知っている人の前でも恥ずかしく抵抗があります。しかし、最近、カウンセラーは、専門家という白衣を着て自分を隠すのでなく、自分らしい姿で相談にきた人に自分を見せるべきだという考えに変わって来ました。相手が自分をさらけ出すので自分もさらけ出すべきだ、そこから本当の話し合いが始まると私は考えるようになりました。それを対話的心理療法と読んでいます。
そこで私はソウルで公開した箱庭の一つをブログに載せることにしました。本当は仲間内だけで開示したいのですが、臨床心理士の自己開示を促すために私の一部を公開することにしたのです。
みなさんは私のこの箱庭を見てどのように考えらますか、私の当面している課題は何でしょうか、課題に取り組むための問題点は何でしょうか、感想はいかがですか?ブログの読者のみなさん、是非とも感想やご意見をお寄せください。お待ちしています。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 私の箱庭 はコメントを受け付けていません。