自分で作る生き方

暮れに仕込んだかぶら寿司が熟れてきてやっと食べごろになった。大みそかに味見をした時には塩辛さが目立ったが、本漬けをして10日経ったらやっとかぶら寿司らしくなった。

我が家では寒くなって大きなかぶが店頭に出ると家内が作っていた。最近は娘が作っている。最初は家内の小松出身の叔母が教えてくれた。頂いたものが余りに美味しかったので我が家でも作ろうということになって作り始めた。その伯母の23回忌が今年あったのでもう四半世紀は経っている。きちんとしたレシピはなく毎年目分量でやっているから毎年出来不出来がる。でも、季節になって作るのが楽しい。

私は貧しい農家で育った。だから、大学を卒業するまでお店で食べたことがない。食べるものは自分で作ることになっている。今もお昼を自分で作って食べることが多い。独りでゆっくり食べる。近くに美味しいお店はあるけれど普段そこまで行くのが面倒くさい。インド人が作ったインド料理はおいしい。まこと屋のみそ味はうまい。山中のわらび餅は最高だ。でも、普段のお昼は自分で作って食べる。これは農家育ちの私の根性らしい。

私はこういう性格だから心理療法の技術も自分に合うように作ったのではないだろうかと思い始めた。フロイトやユングの方法を使うのは出来合いの方法を使うようなものではないか。それを自分に合うようにするにはとてつもない努力がいる。仲間で話し合いながら切磋琢磨して経験から作り上げえていくものではないか。結局は出来合いのものを使いながら自分のものを作らないといけない。先生に教えられ仲間に習いながら自分で作って生きて行くことが大切ではなかろうか。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 自分で作る生き方 はコメントを受け付けていません。

文章を書くには

私は子供のときから文章が下手だった。小学校2年生のとき遠足のことを作文に書くことになって、遠足で行ったところや見たとこと沢山書いた。それを三者面談のとき母親の前で先生に笑われた。「そして、そして、・・・」とつないで書いていたからだ。ただ、「そして」を抜いてしまえば文章になったと思うのだが、それを先生は私に全く指導することなく、親の前で笑ったのだ。この時の情景は未だに覚えている。それが心的外傷になった。それから作文をどう書いたらわからなくなり、作文は苦手中の苦手になった。夏休みの絵日記は書かなかったし、授業中の作文も適当に書いて終わった。今も変わらない。

私の仕事は心理相談だから記録が大切である。私は記録が苦手だから本来カウンセリングは下手なのだ。しかし、幸いにも夢分析という技法を使っているので助かっている。夢は相談に来る人が書いて持ってくるし、その場で報告されるので私は助かっている。夢からの連想は夢解釈のために必要だが、それも話しながら記録していくことができるので幸いである。

今書いているエッセイも文章がうまくなるためでもある。

どうしたら文章がうまくなるのかわからなかったが、須賀敦子、米原万理、村上春樹さんやらを見ると小学校から中学ころまでにものすごく沢山本を読んでいる。読んだ本を全部憶えてしまう人もいるし、寺田寅彦は小説を読んで暗記したと書いている。寺田寅彦は漱石と五高で出会って10分間でいくつ俳句を作れるかという言葉遊びをしていた。これらの人たちは言葉の技術を子どものころから培っていたのである。

私が受けた国語教育は書かれた文章から意味を汲みとる教育であった。作者はどんなことを考えていたのでしょう?という国語教育だった。しかし、文章のうまい人は言葉を覚え、心象風景を描き表す方法を習得してきているのである。

私は文章の暗記が下手だった。教育学部の数学科に入って解析学で中間試験があり、今までやったところを全部暗記して来い、問題はその中から出すと言われた。結果は8割が不合格だった。理学部の数学科でも同じことが行われ、大体8割が落第する。先生は合格した2割を相手に授業を進めていくのである。後の人は適当に卒業して行けというわけである。

数学でどうした暗記が必要なのかを先生は説明した。それは数学の言語を憶えるためであった。そう言われて数学の本に書かれていることを憶えるとすごく理解が楽になった。河合隼雄先生は本来数学科出身だからそのことを意識して高校生にもわかるような話し方説明の仕方をされていた。

数学は心の中か出てくるものだから心理学と同じなのだが、カウンセリングでかかわる心は考えや感情や在るか無いかわからないたましいのことだから言葉で表現することがすごく難しい。その言語を習得するにはやはり内面の心の深いところを書いた有名な小説家の文章を読み憶えることが一番良いのではないかと思う。夏目漱石は正岡子規とどういう文章を書くべきかについて長い手紙を書いてやり取りしている。その内容を紹介するのは難しいので止めるが、漱石は自分が見た心象風景をありのまま絵にかくように文章で書き表すこと目指しているように見える。小説「草枕」を読むと場面々々が絵のように見える。言葉で絵を描くように面接内容を書くことが良いのではないか。最近円朝の「根岸お行の松 因果塚の由来」を丁度読んでいてそう思った。ちなみにその円朝のこの噺はドッペルゲンガーの噺である。

カウンセリングの相談記録も面接場面の再現であってほしい。私にはなかなかできないことだけれど、クライエントが言ったことやしたことから困っていることや行き詰っている状況がありありとわかるならば、面接はうまく行っているだろうと思う。村上春樹の流れるようなうまい言葉使いができれば良いが、先ずは読んで状況がわかる文章でありたい。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | タグ: | 文章を書くには はコメントを受け付けていません。

たましいと徳のある生き方

私の心理療法は夢と箱庭に負うところが多い。相談に来られた方に夢を聞き、時間があれば箱庭を作ってもらう。箱庭にはその人の心の世界が表れ、どのような心の地図で生きているかを見ることができる。夢にはその人の生き方が表れている。過去に経験したことや繰り返し出てくるとその人の生き方などがわかる。夢にはその人の現状が述べられている。たましいは現状の背景にあるわけであるが、それを見ることも触れることもできない。けれどもこの人はこのように生きてきたのだという心の軌跡ぐらいは感じ取ることができる。どのような環境で育ちどのようなことを経験したかがわかるとそこにその人の物語が思い浮かぶ。物語はこれからどのように発展すると良いかを考え、何が欠けているか、何が過剰なのかなどを考えて意見を述べ、話し合う。新たな問題を考えてその答えを夢に聞く。次の週の夢に答えが現れることを期待する。
心理療法の面接場面で夢を読み上げてもらうが最初からわかったと思うことは少ない。たましいはわかりにくいのである。書かれている夢を逐一検討し、連想を聞いていくと次第に夢が指し示していることが漠然とわかってくる。それを相手に伝え話し合っていると夢の意味が納得できて心が落ち着く。そこに安心感が生まれる。こういうふうに夢や箱庭を見ているとたましいの流れに触れることができるのではないかというはかないが確かな可能性に期待するのである。
元々たましいはかすかな、在るか無いかわからないものである。けれども夢や箱庭の背後にあって確かに人を導いているように思われる。
かすかな、在るか無いかわからないけれど、常にわたしたちの生き方を支えているものの記述を『老子』の中に見ることができる。
老子第21章(老子 小川環樹訳注 中公文庫)
すべてにはいりこむ「徳」(のある人)の立ち居ふるまいは、ただ「道」だけに従っている。「道」というものは実におぼろげで、とらえにくい。とらえにくくておぼろげであるが、そのなかに象(かたち)がひそむ。おぼろげであり、とらえにくいが、その中に物(実体)がある。影のようで薄暗いが、その中に精(ちから)がある。その精は何よりも純粋で、その中に信(しるし)(正確)がある。昔から今に至るまで、(「道」の)その名がどこかへ行ってしまうことはなかった。そして(「道」は)、すべて父たちの前を通りすぎる。どうして私は父たちがそんなふう(に消滅するの)だと知るか。これ(直観)によってである。
老子は翻訳が多く、それぞれに訳し方が違う。自分にぴったりの訳は幾通りも読んで探すしかない。
老子第21章(老子 峰屋邦夫訳注 岩波文庫)
大いなる徳を持つ人のありさまは、道にこそ従っているのだ、道というものは、おぼろげでなんとも奥深い。おぼろげでなんとも奥深いが、その中になにか形象がある。おぼろげでなんとも奥深いが、その中になにか実体がる。奥深くて薄暗いが、その中になにか純粋な気がある。その純粋な気は誠に充実していて、その中に確かな気がある。
現今から古にさかのぼっても、そのように名づけられたもの、つまり道はずっと存在しつづけており、(道の活動の中に)あらゆるものの始まりが見てとれる。わたしは何によってあらゆるものの始まりがこのようだということが分かるのかというと、このことー道がずっと存在しつづけ、玄妙な生成の活動を行っていることによってなのだ。

老子第25章(老子 小川環樹訳注 中公文庫)
形はないが、完全な何ものかがあって、天と地より先に生まれた。それは音もなく、それはがらんどうで、ただひとりで立ち、不変であり、あらゆるところをめぐりあるき、疲れることがない。それは天下(万物)の母だといってよい。その真の名を、われわれは知らない。(仮に)「道」という字(あざな)をつける。真の名をしいてつけるならば、「大」というべきであろう。「大」とは逝ってしまうことであり、「逝く」とは遠ざかることであり、「遠ざかる」とは「反(かえ)ってくる」ことである。だから「道」が大であるように、天も大、地も大、そして王もまた大である。こうして世界に四つの大であるものがあるが、王はその一つの位置を占める。人は地を規範とし、地は天を規範とし、天は「道」を規範とし、「道」は「自然」を規範とする。

老子第25章(老子 峰屋邦夫訳注 岩波文庫)
何かが混沌として運動しながら、天地より先に誕生した。それは、ひっそりとして形もなく、ひとり立ちしていて何ものにも依存せず、あまねくめぐりわたってやすむことなく、この世界の母というべきもの。
わたしはその名を知らない。かりの字をつけて道と呼び、むりに名をこしらえて大と言おう。大であるとどこまでも動いてゆき、どこまでも動いていくと遠くなり、遠くなるとまた元に返ってくる。
道は大なるもの、天は大なるもの、地は大なるもの、王もまた大なるものである。
この世界には四つの大なるものがあり、王はその一つを占めている。
人は地のあり方を手本とし、地は天のありかたを手本とし、天は道のありかたを手本とし、道は自ずから然るありかたを手本とする。

老子第21章は父性の立場から道について述べたものであり、第25章は母性の立場から述べたものである。
「道」は「おぼろげでなんとも奥深い」と表現されているが、元の言葉は恍惚である。小説家有吉佐和子は痴呆老人を恍惚の人と呼んだ。今では恍惚という言葉は呆け、つまり、たましいや意味を失った状態を表す言葉になった。元来は第21章にある「おぼろげでなんとも奥深い」「道」、それは精があり、信頼に値し、人が法って生きる「道」を表すのに使われた言葉であった。今では本来の意味とは全く違う意味に使われ、たましいがポケモンゲームのキャラクターに使われる現代にふさわしい「恍惚」になった。
私はこの老子の「道」の記述の中にたましいと類似のものを見出して、それを心理学の支えにしている。哲学者から「道」とたましいを同じものと考えるなと非難されるかもしれないが、心の実際にたずさわる私から考えると、「道」のようなたましいに従うと徳のある生き方になる。たましいの表れである夢や箱庭に従って生きると出会いが良くなり徳のある生き方になって人生が開かれると確信するようになった。だから、私は老子を心の支えにしているのである。ただ、私が納得できるのは第21章と25章だけである。その他は理解が難しい。河合隼雄先生は第37章の「無為にして為さざる無し」をモットウとし、心理療法面接で徹底されていた。それは私には頭ではわかるが難しい。だから、私は老子のすべてを受け入れているわけではない。
たましいは触れることも感じることもできないが、すべての人の心の底にあって人を支えていると思う。
たましいのメッセージは夜眠っているとき夢に出てくる。昼間はたましいのメッセージは届かないが遊び半分のときに出てきやすい。だから箱庭にはたましいのメッセージが出てきやすく、時間があれば作ってもらう。自分の考えや意図に対して心の中からなんとなくささやくようにかすかに選択の方向を指し示してくれるような感覚が生じる。このかすかな深層の動きほど重要なことを指し示しているように思う。それが道に従うことではなかろうか。
徳のある生き方をすれば、自分も人も幸せに生きていけると老子は言っている。徳のある生き方とはたましいのささやきに従った生き方なのではなかろうか。

カテゴリー: 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | タグ: , | たましいと徳のある生き方 はコメントを受け付けていません。

たましいとは

1 はじめに

今年の心理臨床学会で「ある高齢者のたましいの軌跡」と題して自分の思い出や夢・箱庭を披歴して自分の歩んだ道を振り返って発表した。大会プログラムには自分のことは明らかにしなかったが、発表会場では自分のことだと言って話を進めた。聞いている人にとっては発表している本人の心の内容が出ているわけだからずいぶん聞きにくかっただろうとおもう。しかし、自分にとってはすごく有意義で、気づくところが沢山あって生きる姿勢がよくなったように思う。

最後に司会の先生から「たましい」とは何ですかと質問があったので、「あゝ、ここから説明しなければならなかったのか」と自分の不用意さに驚いた。指定討論の先生は精神分析で、司会の先生は動作法(催眠)の専門家だからわからなかったかもしれない。「たましい」という概念は日本古来のものだが、日本の心理学は欧米から輸入されたものだから「たましい」は組み入れられていない。ユング心理学の人も河合先生以外使っていないのでなじみがない。「たましい」とは何ですかという質問はユング派からも出てくるかもしれない。英語のspiritやsoulとは少し意味が違うように思う。日本のたましいは人にはもちろん動物にも植物にも時には岩にも石ころにもある。

2 たましいについての思い出

私は幼い時から虫などを見たら殺していたらしく、母親から「一寸の虫にも五分のたましい」と教えられた。また、幼いころから草の穂をしごく癖があった。草にも命がありたましいがあると思いながら草にむごいことをしている自分が嫌になった。自分はこれまでにあまり良い評価をされず、自己否定をしているから草の穂をしごくのではないかと思い、それを止めた。それは老いを感じ始めた頃でずいぶん遅かった。恥ずかしいことであるが、草の穂をしごくというのはむごいことだという心のささやき、多分たましいの警告を老いになってやっと受け取ったのだ。今では道端に捨ててあるゴミをみると、「あゝ、この人は認められず捨てられている人だ」と思うようになった。

3 広辞苑では

たましいを広辞苑で引くと、「魂。動物の肉体に宿って心のはたらきをつかさどると考えられるもの。古来多く肉体を離れても存在するとした。霊魂。精霊。たま。」とある。

人間だけでなく動物にも備わっているというのは欧米のspiritやsoulと明らかに違う。庭師が大きな木を切るときは木に宿っているたましいを抜いてから切る。木にもたましいが宿っているからである。

「心のはたらきをつかさどっているもの」という意味も認めると、どのようにつかさどっているのか考えなければならない。でもそれを説明するのは大変むつかしい。私のたましいの軌跡というのも、たましいがどのようなかたちで現れたかという意味合いではっきりしたものはない。

4 たましいの在り様

人も動物も、そして植物もたましいを持っていて、生き物が死ぬとそのたましいが肉体を離れて天に上る。古代から死んだ人は焼き場で焼かれ煙とともにたましいは天に上ると考えられていた。焼き場の上には沢山のたましいが集まっているかもしれない。

たましいは宿っているものからはなれてどこにあるのかわからない。人はもちろん動物のたましいも植物のたましいも区別がなくなる。たましいは名前のない個別性を失ったもので所在不明だ。つまり無名で無明の存在となり何処にあるかもわからないが、どこにでもある。

心には喜びや悲しみ、愛や憎しみ、意図や希望などで個別性がある。しかし、魂にはそんな個別性はない。名前の付けられない存在である。名前の付けられないものでありながら人や動物など個別の、名前をつけられる存在の心をつかさどっていると日本人は考えてきた。以上のようなことが広辞苑からわかる。

5 魂魄

魂魄という言葉がある。魂と魄はどのように違うのか。

魂は精神的なたましいであるが、魄はたましいでも、この世にとどまるという陰の霊魂と広辞苑では説明されている。

この世にとどまる霊魂というのは何だろう。しいて考えるなら死体、つまり体についているたましいであろう。

中国の考え方ではたましいを魂魄、魂と魄の二つに分ける。どこで読んだかわからないが、魂は精神的なものであり、魄は体にこもっているたましいである。

気魄という言葉がある。気に宿るたましいである。気とは息で身体的ある。人は戦うとき気魄がなければならない。気魄がないと負ける。議論でも気魄があれば相手を論破できるかもしれない。

たましいを魂魄に分けるのもむつかしく面倒なので、ひらがなのたましいという言葉を私は使ってきた。たましいを魂魄に分けること自体、たましいの無名性に反する。

5 たましいというエネルギー

たましいは無名の無明の存在でありながら、この世にもあの世にも存在し、しかもとてつもないエネルギーを持っている。あらゆるものがこの世に現れ出てくるときそれはすべてたましいのエネルギーを持っている。人々が大和魂を持って太平洋戦争に向かったとき、特に陸軍の幹部の人々は一億総玉砕を考えた。死んでも日本のたましいが残ると考えたのである。そのために全く勝ち目のない戦争を終わらせることが難しかった。多分原爆に対抗するほどのエネルギーを陸軍の幹部は大和魂に感じていたのではないか。

「たましいの抜け殻」という言葉がある。たましいの抜けた人、それは生きながら形だけ存在する人である。生ける屍だ。うつ病や進行した痴呆症の人たちはたましいを失っているようにみえる。病が癒えて元気になったときたましいは生きる力となって現れているはずだ。

たましいは人間の感情や考えや意図を支えているいのちである。目に見えず感じることもできないが、確かにある。内部で生きているいのちである。

6 命といのちとたましい

たましいはいのちになって現れる。ここでは命といのちを区別する。命は個人的な命、肉体の限りある命の意味で使い、いのちはキリスト教で言う永遠のいのち、仏教でいう無量寿、無限のいのちという意味で使う。キリストは「私はアブラハムの時代からあった」と言う。アブラハムの時代から永遠に生きている神のいのちが自分の中に生きているという意味である。ご先祖様から生きているいのちを生きているということである。ご先祖様とはたましいのことである。

7 仏教のいのち

仏教では仏陀が体験した仏の性質を仏性として考える。仏性は無量光と無量寿に分けられる。無限の光と無限のいのちである。悟りを開いた人の体験を読むとすべてが一瞬にして見えたと書いてある。無限の光で見たのである。無量寿とは限りのないいのちという意味である。私は社会人になってから何でこんなにつらい人生を生きなければならないのかと苦しい思いをして生きていた。社会に出たのに未だ成人になっていなかったのであろう。子どものままなので社会人として生きるのがつらかったのだ。だから長い間宗教書を読みあさった。それが功を奏したのか、何故かわからないがある時から全く読まなくなった。老境に入ったころで、エネルギーは使えば使うほど自分の中から湧いて出てくることがわかった。このエネルギーは食べ物でできるエネルギーとは違う。50代半ばで身体は衰えているのに元気になった。それ以来私は元気で風邪もあまりひかない。たましいのいのちである無量寿に触れたらしい。

8 むすび

たましいとは何かと聞かれ、たましいについて書き始めたら次々に連想が沸いて収取がつかなくなったので、ここらへんで一区切りつけ、後は次回に回すことにする。

カテゴリー: クライエント向けエッセイ, 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | タグ: , , , , | たましいとは はコメントを受け付けていません。

いじめる側といじめられる側について

今年の日本心理臨床学会第37回大会が終わり、東洋英和女学院大学の篠原道夫先生と企画した虐待・ネグレクトに関する自主シンポジュウムが終わった。大変充実した会であったが、余りに内容が沢山ありすぎて十分に議論を尽くすことができず残念なところも沢山あった

そのうちのひとつを取り上げて自分なりに整理しておきたいと思った。

指定討論の花園大学の橋本和明先生からいじめる者がいじめられる側に容易に変わることがあるが、どうしてそうなるのかわからないという疑問が出された。橋本先生は元家庭裁判所の調査官で少年事件を数多く経験されているので、そのような例も多く見て疑問に思っておられるのではないかと思った。

私は中学一年の頃だったと思うが、同じクラスの子が廊下を通る弱い子に足をかけたりしていじめているのを見た。いじめている者も相手にしたくないようなつまらないやつだと思ったので正義漢の僕も見過ごした。その頃は正義漢ぶるのもばからしく損をするだけだとおもっていたから見過ごしたのだった。今考えると弱い者いじめをする者も関わりたくないような、取るに足りない者に見えた。

いじめる者もいじめられる者も同じような要素を持っているのだ。

今考えると、いじめる側もいじめられる側も共に多分家庭で父親や母親に厳しくされて愛されていないのだと思う。両者は紙一重の差でいじめる側といじめられる側に分れていて、ちょっと強気に出た方がいじめる側になるのだ。だから、いじめる側がちょっと弱気になっていじめられる側が強気になると立場が逆転する。こういう現象は女の子の間ではよく見られる。

このようなことは勝負の世界でもよく見られる。野球を見ていると、1回表からピッチャーが打たれノーアウト2,3塁なることがある。こういう危機状況でピッチャーになにくそ負けてたまるかと闘志が湧き気迫が漲ったとき、後の打者を凡打に打ち取って点を取らせないことがある。危機状況でのちょっとした気迫の差が勝敗を分ける。人と人の出会いもそんなものでは無かろうか。気迫が無いと強気にでられ、相手にされず無視されてしまう。これがいじめの心理で、普通の力関係の延長線上にある。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | いじめる側といじめられる側について はコメントを受け付けていません。