私の神様はたましいです

私の神様はたましいです

カウンセリングだんけ・にしむら

 神社やお寺に行くとその奥に神様がいらっしゃるのではないかと思い頭を下げてくることがある。しかし、鏡や、大日如来像を見てもこれが神や仏とは思えない。鏡が神の象徴とも思えないし、大仏如来像は人が作ったもので、何時代のものかと判断し、立派に作ってあるなとは思う。そこには私の信仰心は向かない。作った人のたましいをそこに感じるだけである。神と人ではなく人と人との関係でしかない。

 旧約聖書のモーセは、目の前に現れ話しかけてくる神に向かって、あなたは何という神様ですかと聞く。神は答えた。「私は在る」という神であると。英語では、I am that I am. となっている。

 このように目の前に神が現れたとしたら、その人は直ちに精神病院に入れられているだろう、普通はそんなことはあり得ないから。あったとしても多分黙っている。神を経験しても黙っていることができるなら普通の常識的な世界で生きていける。普通の人はそんなに神がいるとは考えない。ある女性は母親とともに結婚のための買い物を終わって地下鉄への階段を下りていくとき、神様が現れ、神様に向かって「ああ、神様ありがとう」と心から叫んだ。その人はそのまま精神病院に送られた。そこであなたは幸せだね、神様に祝福されてよかったねとわかってくれる人があったらその人は救われたかもしれない。しかし、普通の人は神がどこに現れるかも知らないし、神が現れたら気がふれたと思うに違いない。

 神とは何か、私たち心理療法家は考えておくべきことだと思う。

 私は在るという神、在るものはすべて神ということである。生き物はもちろん、石ころや土もすべて在るものは神である、ということである。旧約の神は汎神論である。

 日本人は「一寸の虫にも五分の魂」と考えてきた。この言葉は日本人なら誰でも知っている普遍的な考えで、日本人の宗教の根底にあると思う。だけど伊勢神宮にお参りするときそのことを意識することはないと思う。伊勢神宮には天照大御神のたましいが宿っていると人々は考えている。だけど、天照大御神のたましいは見ることも触ることもできない。伊勢神宮の一番大切なものは柱で、それを依り代として天照大御神のたましいが依りつくのである。

 たましいを表す漢字には魂と魄があるけれど、それは古代中国の考え方で日本人のたましいには合わないと思うので、ひらがな表記でたましいとしておく。

 たましいは人だけでなく虫にも木や花にある。いのちあるものにはすべてたましいが生きている。

 人が生きている間たましいは人の中にあり、死ぬと人から抜け出てどこかに行ってしまう。たましいにはエネルギーがあるので、たましいが生きている限り人は元気である。たましいを失ったように見える人は痴呆症と呼ばれる。たましいには本来限りないエネルギーが秘められている。

 自分の中にあるたましいとのつながりを作ること、それが信仰といことだと私は考えた。伊勢神宮にお参りに行くのもいいけれど、いつも自分の中にあるたましいと縁を結ぶことが大切だと私は考えるようになった。

 私の神はたましいであり、いつも自分の中にある。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | タグ: | コメントする

人間は動物である

 人は動物である カウンセリング・だんけ にしむら 人は動物である。このことを人は普通忘れて自分は精神的な存在であると思っているのではなかろうかと危惧する。 住まいも電車や車も冷暖房が快適にでき、屋根付きの車庫から目的地の屋根付きの駐車場へ入れば雨にも濡れないで移動できる。衣服の暖かさや通気性も良くなって暑さ寒さもあまり感じないで済む。その分だけ自然環境の厳しさを感じないで済む。人間は自然環境の厳しさに対してかなり防御力を持ったために快適に暮らしている。

 それでも人は冬には寒さに耐える体になり夏には暑さに耐える体になる。冬室温を27℃に保っていると暖かく快適と感じるが、夏27℃に室温を保つと寒いと感じる。体が冬の態勢夏の態勢へお彼岸頃を境に切り替わるのではないか。 その頃に体調を崩し易く風邪を引いたり良く寝たりする。春眠暁を覚えずという。春は眠くなる。寝ることによって体の切り替えができるのではないか。

 犬や猫は春と秋に毛が生え替わる。 犬や猫と同じように人間も変わっているはずである。変わる時期は新陳代謝が良くなり鼻水が出たり涙目になりくしゃみも出るのでなないか。それを今では花粉症と言い、花粉情報が出る。

 しかし、いつも杉林の多い田舎に住んでいる人に花粉症はどれくらいいるかと疑問に思う。もしかすると冷暖房の効いた都会より寒さ暑さを肌で感じながら生活している田舎の人に花粉症の人はほとんどいないのではないかと思う。

 今年はまだ寒い。寒い時は暖房の効いた暖かい住まいで過ごしたい。それにどっぷりつかっていると風邪を引いて寝込んで季節の変わり目を過ごすことになるかもしれない。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 人間は動物である はコメントを受け付けていません。

私にできることは

 今の仕事、心理相談を辞めてもできることはないかと考えて、短歌や俳句の世界に入ってみようと思って芭蕉の俳句集を買って読んでみた。斎藤茂吉の万葉集の解説も読んでみた。この世界は言葉遊びの世界で、幼いころから言葉になじんでいない私には遠い世界であることがわかった。第一斎藤茂吉の本を読むと万葉集はもちろんその後現代までの歌集を全部憶えているらしい書き方をしてある。古代中国文化を研究した白川静でも甲骨文字から読んだものは全部憶えていたのではないか。詩経の解説にも万葉集の歌との対比が出てきて驚いた。こんなことは読んだものを全部憶えていないとできないはずだと思った。言葉の世界は文章を読んで、読んだものを全部そのまま憶えないとついていけない。少なくとも万葉の歌の一首を読んだらそれを諳んじておかないとその解説がすらすらと読めない。

 私は面接記録すら正確にはできない。私の面接記録は乏しく、大事だと思ったことが少しだけ書いてある。クライエントのことで法廷問題が起こりカルテの開示請求などのことになったら困ると心配したことがある。

 私は内向的直観タイプだから聞いた言葉からその言葉の意味するものや可能性について考える。言葉以上のものに関心を持っているからある人は探られていると思うだろうし、他の人はすべてわかられていると思うのではないか。これによって人は私から遠ざかっていくのかもしれない。私が孤独なのもそのせいであろう。

 最近はそれほどでもないが以前は見た箱庭の作品を写真で取ったように覚えていることがあった。あなたが作った箱庭のあの隅にこんなものがあったでしょうと指摘することがあった。私には内向的な感覚タイプのところもあるらしく、他人の箱庭の作品を時々ありありと思い浮かべることがある。言葉は記憶できないがイメージの意味するものを記憶する。

言葉で記憶できないのに、カウンセリングの面接指導では記録をしっかりしなさいと常に言っている。自分でできないことを要求するのは心苦しい。でも記録はカウンセラーとしての成長の第一歩であると信じている。 私も昔々記録が大切だと思ってある先生に面接記録を見てもらったことがある。しかし、先生は余り関心を示されなかったので2回ほどでやめてしまった。そこがいけなかったのだろう、記録の技術を磨く機会を逸したと思う。その先生は私をもっと別な面から見ていらっしゃったことが後でわかった。

 今ではありがたいと思う。 これからも内向的直観と内向的感覚機能を使って心理療法に携わり、こうしてエッセイを書いて残していきたいと思う。よろしくお願いします。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 私にできることは はコメントを受け付けていません。

外向と内向の違いを超えて

最近になってやっと外向的な人の夢と内向的な人の夢の違いがあるらしいことに気が付いた。

第一河合隼雄先生は教育分析をするのに外向的な人はある時から樋口和彦先生に依頼されたようだ。初めははじめは外向的な人も受け入れておられ区別はなかったように思うが、それ以後は内向的な人しか受け入れられなかったのではなかろうか。河合隼雄先生はすごく内向的な性格だったから分析を進めているうちに違いが判って外向的な性格の人は外向型の樋口先生に依頼されたのだろうと思う。

外向型の人は心の目が外に向いており、内向型の人は心の内に目が向いている。私は今パソコンのキーボードに向かっているが、ブラインドタッチが中々難しい。私の意識とキーボードが直結していないのだ。これがスムーズにできる人は外向的と思っていいのではないか。中々できにくい人は内向的な人ではなかろうか。

外向的な人はコラージュ療法が好きで、内向的な人は箱庭療法が好きだ。コラージュ療法は今現在発行されている雑誌に掲載されている写真資料を使う。大体広告に使われているもので、人々にこれから生きるための夢を提供している。外向的な人にとって夢とは将来のビジョンである。外向的な人にとっての夢とは現実に意味の在るもの、大切なものを意味する。夜眠っている間に見る夢は確かに見たイメージであるが、その夢が示唆している隠れた意味には目が向きにくい。それよりも将来の希望、実現したいものに意味がある。

一方内向的な人は箱庭療法が好きである。箱庭療法の材料は大体過去から在るもの、今在るものである。意味のないものつまらないもの、流木や石ころも含まれている。それらには将来の理想はない。過去の残骸である。コラージュ療法の材料にはこのような内容が見出しにくい。

このように見ると外向的な人は未来志向であり、内向的な人は過去志向ではないか。

夢分析を行い夢の報告を求めると、沢山の夢を報告する人と少ない人に分かれる。どれくらい沢山かというと、毎日のように夢を見て記録し、1ヶ月でA4判の用紙に数ページになる人がある。読み上げてもらうと20分かかることがある。意味がぴんと来ない夢を多く聞かされると眠くなる。「先生眠そうですね」と言われることもあり、大変申し訳ない。連想を聞きながら内容を検討していると現実とのつながりが出てきて目がさえきて、夢はこんなことを示唆しているとわかる。

一方、内向的な人は夢の数が少ない。一ヶ月ほどで一つか二つという人もある。毎日の要請される仕事にかまけていると夢が何か月もないこともある。しかし、報告される夢は意味深い。夢が示唆するものと現実の隔たりが大きく、この先どう進むだろうと思い惑う。

私自身は超内向的だと思うが、外向的な人が周りに多い。分析を受けられる人にも外向的な人が多い。

外向・内向という性格と社交性はまた別である。外向的で社交性のある性格の典型は自己顕示の強いヒステリー性格である。今はこのヒステリー性格の人の時代で、テレビを見ているとそういう人があふれている。でも外向的で社交性が乏しく自己顕示的でない人は大勢いる。私はそういう人たちとうまく行っていると思う。田舎育ちで社会を知らない私が初めて社会というものを自分一人で体験したのは東京で職についたときだった。新宿西口にはバラックのお店がたくさんあり、露地を通り抜けると大きなホテルがあった。そこの最上階のレストランに入り、一番珍しい安価な焼きチーズを頼んだ。それは今思えばゴーダチーズを焼いただけのもので美味しかった。今もよく食べている。私はこうして都会の良さを知った。行動は外向的になって、外向的な人と付き合うようになったと思う。

内向的で社交性のない人とは難しい。話題を何にしたらよいかわからない。話題を作るために昔から短歌や俳句の世界があり、茶道の世界があったと思う。今では茶道はほとんど女性の世界になっているけれど昔は男の社交の世界だった。花を生け、飾り物を掛け、おいしい食べ物を用意し、着物を改めてお茶を飲んだ。そこに「おもてなし」があったのだ。そこは主客未分化の世界で内向も外向もない。対立のない気楽なところだったはずである。

外向性とか内向性という心の世界の下にたましいという目に見えないいのちの世界がある。短歌や俳句、茶道や華道、それらはたましいの世界にかかわっている。この世界に入っていると出会いが良くなり人生は幸せになるはずである。最近ある人のお父様が亡くなられた。その方は俳句の世界で名の知れた方で、最後に「幸せだった、ありがとう」と言い残して亡くなられたということだった。たましいにかかわって生きると幸せな出会いがあるのだと思う。私は夢分析や箱庭の世界を通じてたましいにかかわっている。夢分析や箱庭療法を通じてたましいにかかわり、人々と主に生きて行きたいと思っている。

カテゴリー: 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | タグ: , | 外向と内向の違いを超えて はコメントを受け付けていません。

自分で作る生き方

暮れに仕込んだかぶら寿司が熟れてきてやっと食べごろになった。大みそかに味見をした時には塩辛さが目立ったが、本漬けをして10日経ったらやっとかぶら寿司らしくなった。

我が家では寒くなって大きなかぶが店頭に出ると家内が作っていた。最近は娘が作っている。最初は家内の小松出身の叔母が教えてくれた。頂いたものが余りに美味しかったので我が家でも作ろうということになって作り始めた。その伯母の23回忌が今年あったのでもう四半世紀は経っている。きちんとしたレシピはなく毎年目分量でやっているから毎年出来不出来がる。でも、季節になって作るのが楽しい。

私は貧しい農家で育った。だから、大学を卒業するまでお店で食べたことがない。食べるものは自分で作ることになっている。今もお昼を自分で作って食べることが多い。独りでゆっくり食べる。近くに美味しいお店はあるけれど普段そこまで行くのが面倒くさい。インド人が作ったインド料理はおいしい。まこと屋のみそ味はうまい。山中のわらび餅は最高だ。でも、普段のお昼は自分で作って食べる。これは農家育ちの私の根性らしい。

私はこういう性格だから心理療法の技術も自分に合うように作ったのではないだろうかと思い始めた。フロイトやユングの方法を使うのは出来合いの方法を使うようなものではないか。それを自分に合うようにするにはとてつもない努力がいる。仲間で話し合いながら切磋琢磨して経験から作り上げえていくものではないか。結局は出来合いのものを使いながら自分のものを作らないといけない。先生に教えられ仲間に習いながら自分で作って生きて行くことが大切ではなかろうか。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 自分で作る生き方 はコメントを受け付けていません。