たましいのいのち

たましいのいのち
カウンセリング・だんけ 西村洲衞男

 個人的なことを書いてすみませんが、今月始め姉があの世へ旅立ち、その後うつになって、自分のことは何事も後回しになって滞っているように感じられます。亡くなった姉は6人きょうだいの4番目で、私にとっては始めてのきょうだいとの別れというかんじです。その上の姉は私よりひとまわり年上で、6年前に亡くなったのですが、家事や子育てに忙しかった母に代わって私の世話をしてくれたらしく、母のような感じがしていました。
 今度亡くなった姉は私が河合隼雄先生の近くにいることを喜んでくれました。たましいの存在や生きることの意味を深く追求するところがあって、その悩みを深めることができず、実存うつ病になっていたと思います。知り合いの先生にもお世話になりましたが、問題を言語化することはできず、行為化して出すこともできないで、年とともに消極的な生き方が影響したのか、パーキンソン病的になり、発語が不明瞭になり、嚥下困難になって、遂には喉からの栄養補給も受けました。最後は水分の点滴補給だけになって半月ほど生きました。姉のたましいは心の底で人生を生きようとしていたのだろうと思います。
 後添いに入ってできた一人息子は、大学を中退して音楽の道に入り、姉を驚かせました。音楽の道に入ったものの、15年経って演奏家としての自分に限界を感じて、アメリカに渡り、ギター制作の職人になりました。今では日本の狭い家や堅苦しい伝統的な文化から解放され、家も環境も広々としたアメリカの自由な世界に生き、自分にふさわしい道に生きがいを感じています。母親ができなかったたましいの実存的な生き方を息子が実現していました。たましいのいのちは世代を越えて親から子へ受け継がれて行くのだと思います。生まれて死んでいく人間の個人的な命と、世代を越えて生きているたましいのいのちの違いを感じました。たましいのいのちはこのように親から子へ、人から人へ受け継がれていくのだと思います。
 姉の死によって私が少しうつになったのは、姉と同様に実存的な生き方を志向していたせいだと思います。甥と同様に、姉のたましいが私の中に入って来れば私のうつは治ると思います。以前おばあさんの死を契機に登校できなくなった子どもがありました。その子はおばあさんの死によって生きる支えを失ったように感じたのでしょう。おばあさんから母親へ心の支えが移し替えられるようになって、子どもは学校へ行けるようになるのです。喪があけるというのは見失ったたましいを取り戻すことだろうと思います。
 今ではこのようなことを書けるようになって、私もうつから解放されたのだろうと思います。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | たましいのいのち はコメントを受け付けていません。

最初の先生

最初の先生
カウンセリング・だんけ 西村洲衞男

 A先生が久しぶりに訪ねて見えた。A先生はある街の中心にある絵画教室で美大受験生の指導をしておいでになる。指導を受けた生徒さんたちは美大に進学し、卒業してそれぞれの道に進み、美術系の専門的な仕事に就いている人もあり、帰ってきて自分がやっている仕事を報告してくれる。自分が育てた人が社会に出て、今こんなことをしていると報告してくれるのは嬉しいことである。A先生は素敵な先生で幸せだと思う。
 昔々、音楽のある先生が老年期に入ってうつ病になり、ある精神科に受診されて言われるには、自分は今活躍している演奏家を育てたけれど、その人達は音楽大学を出て、音楽の本場ヨーロッパに渡り、そこで専門的な指導を受けて演奏家になって日本に帰って来た。日本で演奏会を開く時、パンフレットにヨーロッパの先生の名前は出るけれど、その人を最初に指導した自分の名前が出ることはないので寂しいと漏らされたそうである。その話はいたく心にしみた。
 河合隼雄先生はいつも勉強し、毎日毎日朝6~8時2時間原稿を書いて、その積み重ねで沢山の著書ができた。その発端は高校時代の国語の先生との出会いにあった。その国語の先生の授業が大変面白いので、先生のお宅に伺い、先生の授業は何故面白いのですかと尋ねると、先生は、自分は毎日毎日勉強していると答えられたという。そのことは何処かに書いてあるはずだ。河合隼雄先生は毎日文章を書くために毎日毎日勉強しおられた。一度学会大会の控室に先生をお訪ねしたとき、先生は本を熱心に読んでおられた。
 河合隼雄先生がホーナイの弟子近藤章久先生をお招きしてセミナーが行われた時、その頃丁度著書を出版された近藤先生に、先生はいつ原稿をお書きになるのですかと尋ねられた。近藤先生は仕事が終わってからですと答えられたように思う。河合先生は仕事を終え家に帰って夕食を取ると、新聞に目を通し、テレビでスポーツニュースを見たりして中々机に向かうことができないとこぼしておられた。その後、学生たちとマニラに調査旅行に行かれ、朝学生たちが8時半頃朝食に出てくるので、朝6時から8時までストーの『ユング』の翻訳をし、ひと仕事終わって何食わぬ顔でみんなと食事をするのが愉快だったと言われた。この時先生の原稿書きの時間が定まったのだ。一書を書き上げるというのは大変なことで、実際に本を書いた近藤章久先生の何かが影響を与えていたのだろうと思う。
 これらの例は最初の段階の先生の例である。
 何故こういうことを書くかというと、自分は今も先生と呼ばれることが多く、さん付けで呼ばれるのはご近所会とか病院の受付くらいである。もうそろそろ「先生」から解放されたい。
 私はカウンセリングをしていても先生をしているのではないか。私のカウンセリングを受けて臨床心理士なった人もある。20年以上も経って学会発表抄録を見ていたら昔のクライアントの名前があって、びっくりした。その方は私より偉いいろいろな人の影響を受けているので、私だけとは言えないけれど。私が家庭教師をしていた人は、私が大学院を出て経営学方面の仕事に就いたせいか、経営学部に進学したので、内心ヤバイと思った記憶がある。
 この時から自分が人に影響を与えるならしっかりしなければと思った。先に生きるものの意識の芽生えである。
 人生のはじめに、自分はこういう方面に進もうと考えているとき、最初の手ほどきをしてくれる先輩や先生があると、順調に初歩的な技術を憶えていくだろう。その指導をするのが最初の先生である。
 ある人が言うには、私はこの初歩段階の先生には向いていないらしい。
 私がスキーを習ったとき、緩斜面でスキーの履き方、方向転換や滑り方を少し習ったところで、かなり急な斜面の上の方に連れて行かれ、下まで滑って降りろと言われた。最初のカウンセリングでは、高校に入って勉強できないという男子生徒を担当させられ、一人でクライアントの話を聞くことをやらされた。数回の面接で幸い満足な結果で終わって、これで良しとなった。こういう具合に最初の手ほどきの指導を受けていない私は初歩の指導には向いていない。ただ、この道を生きることを一所懸命にやる、その一所懸命さが人を動かすのかもしれない。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 最初の先生 はコメントを受け付けていません。

先生とその弟子

先生とその弟子
カウンセリング・だんけ 西村洲衞男

 孔子には沢山の弟子がいた。そのうち側近の弟子については、性格や能力について語っている。弟子もまた孔子にあの人はどうだと聞いている。一方、私の師匠河合隼雄は弟子と言える人を作らなかったし、側近の人について人物評価を聞いたことが無い。
 先生は冗談ではおっしゃっていた。小渕首相はいつも「すみません、すみません」と言っている。それは「I’m sorry」ということで、「I’m 総理」と言っているのだと。私には「西村君の時計は6時間ずれているけれど、三好さん(三好郁夫―メダルト・ボスの『夢』の訳者)のは手回しの時計だ」と言われた。実際三好先生は夢研の前日にお出でになったり、終わる頃にお出でになったりした。電車に一緒に乗っていて質問すると、5分位経って返事が返ってきたことがあった。本当に真摯に考えて対話をされる先生だった。
 箱庭療法というものを最初に河合隼雄先生のところに見に行った時、前日先生の前である人が作った箱庭を私に見せて、「この人はここが問題だ」と言われた。その箱庭を作った人は私も知っている人だったので、その問題点は的確な指摘であると納得した。このように河合隼雄先生は的確な評価をしておられたが、決して表には出されなかった。
 人物評価をした師(孔子)は弟子を作り、人物評価を表に出さなかった師(河合先生)は弟子を作らなかった。
 師匠河合隼雄先生は自分のことに一所懸命だった。だから人はみんなそれぞれ好きにすればいいという考えだった。弟子を作ろうとされなかった。
 私は内心、自分は弟子だと思ってきた。みんなもそれぞれ河合先生に自ら学んで、内心弟子だと思っているのではなかろうか。
 ではみんな自分の好きなことを追求しているのだろうか。みんなどうしているのだろう。学会で研究発表を続けているのは、コラージュ療法の森谷寛之先生くらいではなかろうか。河合先生に教えを受け、自分の道をしっかりと歩んで仕事をしている人は弟子といえるのではないか。河合隼雄とその弟子は今一人ひとり我が道を歩んでいて、互いに交わることはない。
 師匠河合隼雄先生が「あの人はこうだ」と言われなかったように、私たちは「河合隼雄はこうだった」と語らうことがない。寂しいことだ。この寂しさの中に河合先生も生きておられたに違いない。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 先生とその弟子 はコメントを受け付けていません。

2017のホープ

明けましておめでとうございます

 昨年は色々と外に向けて考えることが多く、自分の内面に目を向けて、カウンセリング・ノートを書く時間が無くなりました。
 春から考えていたイタリア旅行、実際に目にした「ピエタの像」、ボッティチェリの「ビーナスの誕生」、中世の騎士の武具の巨大さ、世界の国々から来た観光客の波、それらは私の内面に洪水のように溢れました。
 読んだ本にも興味をひかれ呑み込まれました。
 孔子伝を読み、自分にも似たところがあると思い、米原万里の本を読んでは自分はたましいの言葉の通訳者だと思いました。
 米原万里の本を読みだしたら次々に読まずにはいられないようになり、井上ひさしが評した「前のめりに驀進する」彼女の生き方に引き込まれてしまいました。
米原万里を通じて知ったロシアの人間的な豊かさは探求の価値がありますが、それを知るには原文で読むことが必要で、不可能なことです。
 教員を辞めてから読んだ中国の古典に現代中国を照らし合わせて眺めると、中国の生き方は基本的には何も変わっていないのです。文化は言語とともに何千年も変わらないのです。私たちが相手にしている個人や家庭の文化は変わり得るのでしょうか。
 ロジャースは人格変化を、ユングはコンプレックスの解消を考えました。そういうことは本当に可能なのかと疑問を持ちました。箱庭のイメージが変われば、人はどうなるのか十分な説明はできません。
 今の日本はアメリカの属国のようです。英語さえ出来れば世界に通じると考えています。しかし、それは英語が通じるところだけで可能なのです。多分それも経済ビジネスのレベルだけです。
昨年秋6年ぶりにソウルに行きましたが、街はハングル文字だけになり、漢字や英語の表記があるのは交通機関だけです。ハングルがわからなければ韓国で生活することはできません。同じことが中国にも東南アジアにもいえます。
 精神分析やユング心理学だけで人々の心の世界をわかろうとするのは、英語だけで世界に通じようとすることとどこか似ていると思います。けれども何か国語も身につけられないように、全ての人の心理に通じる心理学を見つけることはできません。
 省みると、私はフロイトに飲み込まれ、ユングに飲み込まれ、そして今は孔子や米原万里に呑み込まれていました。これを自分の主体性の危機と考える私は自分の心理学をしっかりと保持しなければなりません。
 そこで私は人間という動物が持つ意識下の動物的な感覚を働かせながら、いろいろな方々の生き方をかかわっていくことで、人々にやくに立って行きたいと思いました。
 これが念頭の所感、ホープです。
 今年もよろしくお願い致します。

カテゴリー: 西村洲衞男先生のエッセイ | 2017のホープ はコメントを受け付けていません。

たましいの根づきと工場

たましいの根づきと工場
カウンセリング・だんけ 西村洲衞男

 最近気づいたことだが、夢に故郷の山の景色と愛知のひろびろとした景色がつながって出てくるようになった。私の夢の舞台はずっと生まれ故郷の熊本であった。
熊本には坪井川と白川という日本の川があり、その二本の川の南が広く開けている。熊本地震の震源はその南の端の方である。
 思い返してみると、夢分析を受けていた当時、夢の舞台は二本の川の北側であった。京都から名古屋に移る時、繰り返し川を渡る夢を見た。多分、私のたましいにとって白川の南が名古屋方面となっていたと思う。しかし、こちらに移って45年になるけれど愛知を舞台にした夢はほとんど見なかった。それが最近、白川の南から見た山の情景と愛知の広々とした情景がつながって現れるようになった。
 愛知の情景は、はじめに住んだ春日井や長年勤めた愛知教育大学や椙山女学園大学など丘陵地帯の側ではなく、車でしか通らない豊明の境川の辺りである。
 この前は、熊本の南側から見た金峰山と豊明の境川の土手の近くが出てきた。そこは建物といえば、遠くの方に工場の残骸が見え、近くでは農家のおばさんが数人よってお茶を飲んでいるのどかな情景だった。
 この夢を見て、自分の心理臨床の経験は遠くに見える沢山の工場の残骸のように散らばっているのだと思った。
今私は自分の心理臨床のやり方に安住して心地よくお茶を飲もうとしている。くつろいで気楽に過ごしている。このところこのカウンセリングノートのエッセイを書くこともだいぶサボっている。エッセイを書かないのは、この夢が示すとおりである。自分の面接技法は良いからと宣伝する自己顕示の意欲は出ない。反対に、自分のこのやり方は他人にはできないと思うから伝えたいと思う意欲もわかない。私の箱庭の解説は面白いらしい。それで箱庭の研究会も続いているし、ソウルからも招聘してもらえる。しかし、この私の箱庭の見方を他の人にわからせる方法がない。これは言わば職人技で伝授が難しい。
 ある人が博士号を取得して金沢に行った。そこで土地の人から流れ者と言われたという。金沢の人は土地に根づき、独特の文化の中に生きている。そういう人から見ると、例え京都生まれの京都育ちの人であっても、金沢に来れば流れ者に見られるのである。
 農家育ちの三男坊の私は熊本から流れ出ないと仕方がなかった。中学を卒業し集団就職ですし詰めの列車で出てきた人たちと同じである。流れ流れて80歳に近くなってやっと根づいたと思う。
 師匠河合隼雄先生はどうだったろうか。スイスから帰国して間もなく西大寺の裏手に家を建てられた。車も入らないような路地に面して門があり、入るとすぐに玄関があり、座敷があって、庭がある。庭の向こうは田んぼで、その向こうには関西の文化住宅があった。門から玄関までがあまりに近いので、文化庁長官がこんなところに住んでいるのかと誰だったか驚いた。でもその家の二階の書斎はたましいのフル稼働の工場だったに違いない。私はたましいの根づくところは見つけたが、まだ工場は立てていない。仕事はこれかららしい。

カテゴリー: 臨床心理士向けエッセイ, 西村洲衞男先生のエッセイ | たましいの根づきと工場 はコメントを受け付けていません。